食事制限なしのダイエット方法3選

ダイエット中の食事-イメージ

「痩せたい!でも食べたい!」

女子の心の中はこんな叫びでいっぱいですよね~!?

「ダイエットしたくてがんばっているけど食事制限とかほんと無理!」

「好きなものを我慢してまで痩せる必要あるのかな?」

つらい時は自分に問いかけてしまいますよね。

最近は生活習慣を見直してダイエットにつなげようという動きもあり、厳しい食事制限なしで痩せるだけでなく美容や健康にも効果が期待できるダイエット方法が紹介されています。

食事制限なしでダイエットできるなら、ストレスもないしうれしいですよね。

その中でも特に気になる3つのダイエット方法をご紹介します。

8:16時間ダイエット

ダイエット中のお菓子-イメージ

メディアでも紹介された8:16時間ダイエットは日本人の医師が実際に痩せた経験をもとに提唱している方法です。

やり方はとてもシンプル。

「起きてから8時間以内に1日分の食事をすべて終えること」これだけです。

特に難しいカロリー計算や食事制限もなく、守るのは時間だけ。

ダイエット中だからといって大好きなお菓子を我慢しなくてもいいのでスイーツ大好き女子には嬉しいですよね!

しかも、人それぞれのライフスタイルに合わせて8時間の設定もずらしていいというのが取り組みやすい点です。

例えば朝7時に朝食を食べたら、8時間後の15時以降は何も食べない。

お昼の12時に昼食を食べたら、8時間後の20時以降は何も食べないということになります。

力仕事があるから朝ごはんは抜けない、夜の会食が多いから夜は食べるというように人それぞれの生活に合わせて変化してもいいという柔軟性がありますよね。

これなら自分のペースを守ってダイエットできるのではないでしょうか。

この8:16時間ダイエットを成功させるために注意したいのは次の点です。

1.8時間の間に暴飲暴食をしない

食事制限がないからといっても暴飲暴食は慎みましょう。

普段食べている量と変わらない食事をするようにすれば問題ありません。

2.16時間の間に食べたくなったらバターコーヒーを飲む

睡眠を含め16時間食べないでいると、やはりお腹が空きます。

この時間がつらくなると挫折してしまいます。

そこで勧められているのがバターコーヒーを飲むこと。

バターコーヒーとはカップ1杯のコーヒーに小さじ1~2杯の無塩バターを溶かしたものです。

こちらを飲むと空腹感が起きにくいといわれています。

もちろん飲みすぎるとカロリーオーバーになりますが、1日2~3杯は大丈夫ということです。

8:16時間ダイエットでは食べない時間があるので、普段がんばって消化している胃腸の負担が減り、しっかりと休めることができます。

すると内臓全体の疲労が回復し、健康につながるのです。

また胃腸の調子が悪い時に吹き出物が出たという経験をお持ちの方もあると思いますが、内臓の疲れはお肌の調子も左右します。

胃腸の負担を減らすことは美容にも役立つことになるのです。

大人ニキビや吹き出物などの肌トラブルに悩んでいる方にもぜひ取り組んでほしいダイエットです。

ハラペコダイエット

「ハラペコ」という名前からすると食事制限がありそうなのですが安心してください。

こちらも医師が提唱しているダイエット方法で辛い食事制限なくダイエットできる方法です。

ハラ=お腹、へこませる=ペコ

つまりお腹をへこませる動きをすることで痩せる効果があるというダイエット方法なのです。

実際にご自身もダイエットに成功した医師の方が勧めているハラペコダイエットのやり方は次の通りです。

  1. 深呼吸とともにお腹をゆっくりと膨らませる。
  2. 息を吐くときにお腹をゆっくりとへこませる。

まずはこの動きが基本になります。

ポイントは勢いをつけて行わないということです。

勢いよく息を吸って吐いてしまうと反動を利用してお腹を動かすようになるので、消費カロリーが少なくなってしまい効率がよくありません。

お腹に手を当てて、ゆっくりと膨らんだりへこんだりする感覚を覚えましょう。

仕事の合間にも椅子に座りながらもできる方法なので簡単ですよね。

この感覚をつかめたら次のステップです。

次はお腹を動かしたまま歩きます。

  1. 深呼吸してお腹を膨らませたまま2歩歩く。
  2. 息を吐いてお腹をへこませたまま2歩歩く。

あとはこの繰り返しです。

わかりやすくするために、最初のうちは小さく次のことをつぶやくといいようです。

「出して、出して、ひっこめ、ひっこめ」

ひとこと言うときに1歩進むと自然とリズムがつくので歩きやすくなります。

この歩き方は通常よりも腹筋を使うので消費カロリーが多くなり、食事制限がなくてもダイエットにつながる方法なのです。

運動というほどではありませんし、続けるうちに腹筋もついてくるという二重にうれしいダイエットですね!

朝型ダイエット

実践した人がそれほど苦労なく自然と体重の変化を感じたというのがこの朝型ダイエットです。

神奈川県の大学でメタボリックシンドロームの研究チームが実験したところ、朝型の生活よりも夜型の生活の方が太りやすいことがわかったのです。

この実験でいう朝型の生活とは朝食を午前7時に食べ、夕食を午後7時に食べ終わる生活です。

一方夜型とは午後1時に最初の食事を食べ、午前1時に最後の食事を食べるという生活です。

2つのグループに分けてこのサイクルで生活してもらったところ、朝型の生活のほうがエネルギー代謝が大きくなったという結果になりました。

つまり朝方生活は普通に3食食べていてもエネルギーとして燃えやすいということになります。

朝日を浴びるとアドレナリンが活発になりますが、このホルモンには体脂肪を分解する働きがあるのでどんどん活発になってほしいですよね。

また朝起きるために早く就寝することによって成長ホルモンの分泌も促されますから、肌の新陳代謝に役立ちます。

まさに健康と美容につながるダイエット方法ですね。

朝のうちにストレッチをして体を温めたり、温かい汁物を飲むとさらに脂肪燃焼に効果的です。

毎日続けると1日の活動も元気に行うことができますね。

食事制限なしダイエットのまとめ

食事制限なしのダイエット方法を3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

食べるのが大好きでやめられない!という女性もこれなら無理なく続けることができそうですよね。

ダイエットは続かなくては意味がないどころかリバウンドを起こしてしまいます。

自分に無理なく楽しく続けられる方法を探していきましょう。