長年頑固な便秘に悩まされているという人も多いのではないでしょうか?

その便秘、もしかしたら毎日の食事が原因で起きているかもしれません。

haruka

こんにちは!はるかです。

私もダイエット中に頑固な便秘に悩まされたことは多々あります。

便秘がちだとなかなか思うように体重が落ちないんですよね・・・

そこで今回は、ダイエットの大敵・便秘を撃退するために役に立つ成分や食べ物、飲み物について説明していきたいと思います。

便秘解消に効果が期待できる成分&食べ物とは

便美解消に役立つ食べ物-イメージ

食生活は便秘を引き起こす原因のひとつです。

例えば栄養が偏った食事を続けていたり、ダイエット中に無理な食事制限を行ったりすると栄養不足となり、便秘を引き起こすことがあります。

もし便秘に悩んでいる人で思い当たる節があるのなら、まずは毎日の食事内容を見直すことから始めてみましょう。

ここでは、便秘解消に効果的だと言われている成分や食べ物を、その働きとともに紹介していきたいと思います。

食物繊維

便秘解消に効果がある成分の代表格でもある食物繊維には、「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」の2種類あることをご存知でしょうか。

どちらも便秘解消に効果がある成分ではありますが、実はそれぞれお通じへのアプローチの仕方が異なります。

まず「不溶性食物繊維」とは、その名の通り水に溶けないタイプの食物繊維です。

腸内で水分を吸収してふくらみ、便のカサを増やすことで、腸の蠕動運動を活性化させる働きがあるので、腸の蠕動運動が弱いことで起こる弛緩性便秘の改善に効果が期待できます。

ちなみに不溶性食物繊維はゴボウやキノコ類、イモ類、大豆などに多く含まれています。

一方で、「水溶性食物繊維」はその名の通り水に溶けるタイプの食物繊維のことです。

腸内で便のカサを増やしゲル状にする働きがあるので、便が硬くなりやすいという人は積極的に摂取すると良いでしょう。

こんにゃくや寒天、海藻類には「アルギン酸」という名の水溶性食物繊維が多く含まれているほか、リンゴやみかんなどの果物、ニンジンやキャベツなどの野菜類には「ペクチン」という水溶性食物繊維が含まれています。

マグネシウム

マグネシウムは食物繊維と一緒に摂取すると、腸の蠕動運動を促進する働きがあるため、便秘改善に役立ちます。あおさや青のり、サクラエビ、ごまなどに多く含まれているので、なるべく積極的に摂取しましょう。

植物性の油

植物性の油の中でも、特にオリーブオイルにはオレイン酸という腸の蠕動運動を活性化する成分が多く含まれているため、便秘改善の効果が高いと言われています。

また、オレイン酸は腸内で潤滑油のような働きもするため、便の滑りを良くし、お通じをスムーズにする効果も期待できます。

発酵食品

納豆や味噌などの発酵食品には、腸の蠕動運動を活発にする働きがある乳酸菌が多く含まれています。

乳酸菌は腸内を弱酸性にすることで悪玉菌の繁殖を抑制し、善玉菌の増殖を促進する働きもあるので、腸内環境の改善にも効果的です。

また、乳酸菌が含まれている食べ物を頂く際は、ぜひオリゴ糖と一緒に摂取して見てください。

オリゴ糖には腸内で乳酸菌の活動をサポートしてくれる働きがあります。

オリゴ糖はゴボウやはちみつ、きなこなどに多く含まれているほか、味噌や醤油などの発酵食品にも多く含まれています。

お通じを良くする効果が期待できる飲み物3選

便美解消に役立つ飲み物-イメージ

お通じを良くするためには、日頃から十分な量の水分を摂取する必要があります。

基本的には1日1.5リットル~2リットル程度の水分を摂取する必要があると言われていますが、食事からも水分は摂取できるので、

飲み水としては大体1日1リットルを目安に摂取すると良いでしょう。また、飲み物の中にはお通じを良くする効果が期待できるものもあります。

その種類や特徴を紹介していきましょう。

水(ミネラルウォーター・炭酸水)

普段から「水」を意識して摂取できていますか?

同じ水分でもコーヒーや紅茶、赤ワインなどは腸の蠕動運動を抑制してしまう作用があるため、お通じ改善のための水分補給には適していません。

お通じを良くするためには、できればミネラルウォーターを持ち歩き、こまめに摂取するようにしましょう。

ちなみに朝起きぬけにお水をコップ1杯飲むと、腸が刺激されるため便秘解消にも効果的です。

また、便が固くなりがちだという人は、水ではなく炭酸水を朝起きぬけに飲むと良いでしょう。

炭酸水に含まれている二酸化炭素には便を柔らかくする作用があります。

食物繊維たっぷりのココア

ココアにはリグニンという不溶性食物繊維だけでなく、水溶性食物繊維も豊富に含まれているため、お通じを良くする効果が期待できます。

ただしカロリーは決して低くないため、飲みすぎには注意が必要です。

ココアを日常的に飲む際は、なるべく1日1~2杯程度に留めておきましょう。

蠕動運動を活発にするお酢

お酢に含まれている酢酸やクエン酸は、腸内で刺激となり蠕動運動を活発にする作用があります。

また、お酢には腸内で善玉菌のエサとなるグルコン酸も多く含まれているため、腸内環境の改善をサポートし、お通じを良くする作用が期待できるのです。

長年頑固な便秘に悩まされているという人は、ぜひお通じを良くする食べ物や飲み物を積極的に摂取し、食生活改善に努めてみてください。

おすすめのお酢の取り方

「お酢」って普段の食事ではなかなか毎日食べるのは難しいですよね。

でも果実酢などのドリンクタイプであれば無理せず毎日続けられます。

「果実酢もいっぱいあって何を選んで良いのかわからない・・・」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

haruka

私のおすすめは「贅沢ブルーベリー酢」です!

贅沢ブルーベリー酢には、先ほども紹介した腸の蠕動運動を活発にする酢酸やクエン酸が豊富に含まれているので、お通じ改善に効果が期待できます。

贅沢ブルーベリー酢は普通のブルーベリーの2倍以上のアントシアニンを含むビルベリーを使用するなど、原材料に深いこだわりを持っている商品です。

また、とろりとした濃縮タイプなので、お酢ドリンクとして飲むだけでなく、ヨーグルトにかけたり、温めてホットワインのように飲んだりと好みに合わせていろいろな飲み方を楽しめます。

便秘を撃退できるだけではなく、とってもおいしくていろいろな飲み方が楽しめる「贅沢ブルーベリー酢」、興味がある方はぜひ一度試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長年頑固な便秘に悩まされているという人は、お通じを良くする食べ物や飲み物を積極的に摂取し、食生活改善に努めてみましょう!