「エステの体験をしたいけど勧誘されないか心配」

「エステでしつこい勧誘を受けると断れる自信がない」

「執拗な勧誘を受けたことがあり、トラウマになってしまった」

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

haruka

実は私もエステの勧誘が大の苦手です。過去にはホットペッパーで見つけたお得なエステの体験に行って、しつこい勧誘にあい、高額のコースを契約してしまったという苦い経験もあります。

そんな私がエステの体験をはしごして勧誘をかわした経験から、エステの体験コースの断り方のコツや具体的な会話の事例やしつこい勧誘を受けないためのポイントをご紹介します。

体験エステの勧誘の断り方の基本&実例

体験エステ-イメージ

体験エステで勧誘を受ける理由

エステの体験コースは、エステ側からするとエステに興味がある人に格安料金での施術を体験をしてもらうことで、来店してもらうきっかけ作りという側面があります。

つまり、エステに興味がある人(見込み客)を集めて、本コースを契約してもらうという意図がある場合がほとんどです。

どこのエステでも本音は「本契約をしてほしい」という思いがあるため、体験後のカウンセリングで本コースの説明があります。

しつこい勧誘は減少傾向?

私は最近、7年ぶりくらいに5つのエステで痩身コースを体験しましたが、体験後の本コースの説明後に「いかがでしょうか?」と聞かれる程度で、”勧誘”と呼べるような強い押しがないエステがほとんどで、拍子抜けするくらいあっさり帰してもらえました。

最近はネット上の口コミや評判の影響が大きいため、ネット上で「勧誘がしつこい!」などと書かれないために、強い押しをしないように徹底しているエステも増えているのかもしれません。

特に、全国展開している大手のエステサロンはその傾向が強いようです。

最近は、本コースに勧誘するよりも、体験コースを受けているその場で追加のオプションや効果が高まるジェルなどを提案される場合が多いようです。

セールスの世界で言う「アップセル」という手法にあたるかもしれません。

それも、一言「いいです」と断れば、それ以上にしつこく勧められることはまずないと思います。

体験エステを利用するメリットも!

体験コースは勧誘をうまく交わすことさえできれば、たくさんのメリットがあります。

体験コース1回だけで結果が出ると本コースを契約してもらえる可能性も高くなるため、体験コースは技術も知識レベルも高いベテランの担当者がつくことが多いです。

そのため、体験コースを受ける側のメリットとしては1回だけでも効果を実感できたり、プロのエステティシャンに自分の身体を見てもらい、痩せない原因など自分の悩みを解決するためのアドバイスをもらえます。

美容・痩身のプロであるエステティシャンのアドバイスには、自分がこれからキレイになるためのヒントがたくさん詰まっています。

せっかく体験コースを受けるなら、普段から疑問に思っていることをたくさん質問することをおすすめします。

エステで勧誘されやすい人の特徴

私は20代前半と後半で2回、痩身エステの体験コースをいくつかはしごしたことがあるのですが、当時はかなりしつこい勧誘を受けました。

なかなか帰してもらえず、軟禁状態になってしまったことも何度もあります。

「いくらなら払えるの?」「本気で痩せたいと思ってるんだよね?」などと詰め寄られたり、複数のスタッフが入れ替わり立ち代わりお得な見積書を持ってきて、どれだけお得なのかを長々と説明されたこともあります。

ノルマが厳しいエステだったのかもしれませんが、私が典型的な「エステで勧誘されやすい人」だったからというのもあると思います。

私が考える「エステで勧誘されやすい人」は、おとなしそうな人、従順そうな人、優柔不断な感じの人だと思います。

また、「通ってみたい気持ちはあるけど、今はちょっと・・・」など語尾を濁らせたり、曖昧な話し方をする人も、相手側から見ると勧誘しやすい人になります。

しつこい勧誘を受けないポイント

しつこい勧誘を受けないための基本は体験当日に即決しないというポリシーをしっかり持つことです。

また、語尾を曖昧に濁したりせずに、「考えさせてください」「帰ってから検討します」とハッキリと言い切ることも大切なポイントです。

クレジットカードの分割払いやローンなどを勧められたり、体験当日だけの割引だということを強調されたりしても「私にとっては大きな契約なので即決できません」と言い切りましょう。

また、断る理由を聞かれた時に、金額を理由にするのはおすすめできません。

金額を理由に断る人は多いので、エステで働いている方々はその対策はバッチリできていることが多いからです。

そのため、安めのコースを勧められたり、分割払いを勧めたりなど、さらに勧誘がエスカレートする可能性があります。

一番おすすめは「即決したくないので、家に帰ってゆっくり考えます」と言うことです。

当日のみ限定のお得な好条件を提示される場合もありますが、そこはできるだけ興味を示さずに、きっぱりと「即決はしないって決めています」と言い切りましょう。

体験エステの勧誘の断り方事例集

「他のエステにも行ったことがありますか?」という質問はチャンス!

体験エステでは「他のエステにも行ったことがありますか?」という質問は定番の質問です。

私も今回体験エステをはしごした5件の中で、ミスパリ、リフィート、ソシエ、シーズラボ(サロンドフララ以外、全部)で聞かれました。

実はこの質問、しつこい勧誘を受けないためのチャンスになる質問です。

私は心の中で「待ってました~!」と思いながら、以下のように答えました。

「ずいぶん前に通ってたんですけど、行くたびに化粧品とかサプリとかをしつこく勧められるのがイヤで、途中で行かなくなっちゃったんですよ・・・」

ポイントは「過去に行ったことがあるけど、勧誘がしつこいのがイヤだった」という点です。

このポイントさえ抑えれば自由にアレンジしてOKです。

「勧誘がイヤ」ということを伝えることによって、相手はこの後、勧誘がしずらくなるという効果があるのです。

通っていたお店の名前を聞かれた場合、具体的なお店の名前をあげてもいいですが、

「ん~なんだったかな?ずいぶん前のことなので、思い出せないですね・・・」

などと適当に答えても大丈夫です。

「予算はどれくらいを考えていますか?」という問いには要注意

具体的な予算を聞かれる場合もありますが、この質問に対しては具体的な予算を言わないことがポイントになります。

予算を言うと、その金額に合わせたプランを提案されることになるので要注意です。

私はリフィートで「ちなみに予算はどれくらいを考えていますか?」と聞かれた時

「う~ん。。。内容によりますね。」

と答えました。

模範解答ですね!(自画自賛 😉 💦)

しつこい勧誘に効き目抜群必殺の一言

もし、しつこく勧誘されてしまった時に効き目抜群の一言は、おそらくコレだと思います。

即決しないと決めてるんです!

このセリフを毅然とした態度で言い切れれば、それ以上しつこく勧誘されることはまずないと思います。

おそらく、どのエステでも本コースを契約してもらえるチャンスはほとんどが体験コースを受けた当日なので、当日に決断しないと固く決めている人に無理やり契約してもらうのは難しいことは経験上、知っているはずです。

それでも、しつこく勧誘されたり、「なんで即決しないんですか?今日決めてくれたらすごくお得なのに~!」などと言われたら

「ちょっと、しつこすぎませんか?」

と言ってやりたいところですが、なかなか勇気が必要ですよね。私はたぶん無理です。

しつこい勧誘に負けた場合の最後の手段は?

軟禁状態になってしまった経験も・・・

いろいろ偉そうなことを書いてしまいましたが、実は私、若い頃には、ホットペッパーで見つけたお得なエステの体験に行って、しつこい勧誘にあい、高額のコースを契約してしまったという苦い経験があります。

その時は体験コースを受けたあと、軟禁状態になり、なかなか帰してもらえず

「いくらだったら出せるの?」

などと詰め寄られて、すごく困ってしまいました。

「これでも無理なら、●●さんだけに特別に割引したプランを出してあげるから待ってて」

と言われて、偉い人(?)が出てきて、トクトクと説明され、とうとう契約書にサインしてしまいました。(>_<)

最後の手段はクーリングオフ!

そんな場合、クーリングオフという制度を利用して、契約から8日間以内に手続きをすれば解約が可能です。

契約した店舗に出向いたり、担当者に会ったりせずに手続きできるので、精神的にも負担は少ないと思います。

ただし、5万円以下の契約はクーリングオフの対象外なので要注意です。

悪質なエステではクーリングオフを逃れるために、わざと4万円代後半で契約書にサインさせるところもあるようなので注意しましょう。

クーリングオフが効かない場合は、国民消費者センターに相談するというのも一つの方法です。

しつこい勧誘なしのエステを選ぶコツ

しつこい勧誘がないエステを選ぶ3つの基準

しつこい勧誘がないエステを選ぶ基準としては

  • 全国展開していて、10年以上経営している大手エステサロン
  • ハイパーナイフなど大人気の最新痩身マシンを取り揃えている
  • 都度払い制度も採用している

この基準のうち、1~2つに該当するエステなら、まず、しつこい勧誘はないと考えて間違いないと思います。

都度払いがあるエステがおすすめ

上記3つの基準の中でも特に都度払いができるサロンは勧誘がほとんどない傾向があるので、勧誘が苦手な方におすすめです。

3つの基準のうち、

  • ハイパーナイフなど大人気の最新痩身マシンを取り揃えている
  • 都度払い制度も採用している

に該当するおすすめのエステが「サロン・ド・フララ」です。

実際に体験したときもコースの案内はありましたが勧誘と呼べるような内容ではなく、体験しただけでも気持ちよく見送りしていただきました。

参考記事:「サロン・ド・フララ」のハイパーナイフの体験レポート

本コースを受けたい場合のみ体験してくださいというエステも

一方で、本コースを真剣に検討している方のみ体験コースを受けてほしいというエステもあります。

「バイオエステBTB」の公式サイトには

特別体験を1回受けたいだけ、入会を検討するつもりはないという方はご遠慮ください

引用元:バイオエステBTB公式サイト

と明記されています。

このようなエステでは、体験コース後、ガッツリと本コースへの勧誘をされる可能性があるので覚悟しておいた方がいいと思います。

もちろん、多少でも「本コースを受けてみたい」という気持ちがあって、いきなり高額な金額を提示された場合はしっかり断ったり、予算を提示して相談したりすることができるなら問題ありません。

体験エステの勧誘の断り方のコツ&会話事例まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回はエステの勧誘が大の苦手な私がエステの体験コースをはしごして勧誘をかわした経験から、エステの体験コースの断り方のコツ、具体的な会話の事例、しつこい勧誘を受けないためのポイントなどをご紹介しました。

これからエステの体験コースを受ける方はぜひ参考にしてみてください。

haruka

しつこい勧誘を受けないために一番大切なのは、「体験当日に即決しない」というポリシーをしっかり持つことかなと思っています。

体験当日のみ適用されるお得な特別割引などを提示されることもありますが、痩身エステの本コースは30万以上することも多く、高額な契約なので、じっくり検討することは大切なのではないでしょうか。